内視鏡検査:胃カメラ・大腸カメラ

胃がん・大腸がんは日本人のがん死因の第2位と第3位(2017年統計・第1位は肺がん)を占めており、非常に怖い病気です。
しかし、現在では胃がん・大腸がんは早期に発見出来れば、お腹を切る手術や抗がん剤治療を受けなくても内視鏡で切除することが出来ます。
健康診断で受けるバリウム検査や便潜血反応などもとても重要ですが、胃がん・大腸がんを正確に診断できる検査は内視鏡検査しかありません。
お腹の症状がある方はもちろん、無い方も定期的な検査をお勧めします。​当院では熟練の技術と最新のシステムで患者様の検査を行っています。

胃カメラ

胃カメラ

口もしくは鼻から内視鏡を挿入し、のど・食道・胃・十二指腸を観察する検査です。
のどの反射が強い方や検査に不安を感じる方には鎮静剤(麻酔)を使用し、眠った状態で検査を行います。検査後は回復室で鎮静剤が覚めるまで休んでいただきます(1~2時間程度)。
鼻から検査を行う経鼻内視鏡は舌の上を通らないため”オエッ”となりにくく、鎮静剤が不要~少量で済むため、時間がない方にお勧めです。
胃カメラは当日に絶食で来院いただければ検査可能ですが、予約の方が優先となりますので、事前予約をお願いします。

熊本市にお住まい(住民票登録)の方で満50歳以上・偶数年齢の方は2年に1回、熊本市胃がん内視鏡検診(3,000円)を受けることが出来ます。
※70歳以上の方は無料です。

大腸カメラ

大腸カメラ

肛門から内視鏡を挿入し、大腸を観察する検査です。
検査に不安を感じる方や手術歴があり痛みを生じやすい方には鎮静剤(麻酔)・鎮痛剤を使用し、眠った状態や苦痛を無くした状態で検査を行います。
検査後は回復室で鎮静剤が覚めるまで休んでいただきます(1~2時間程度)。
大腸の中には便が詰まっており、内視鏡を挿入しても便で病気が隠れてしまいます。そのため、前日と当日に前処置薬(下剤)を飲んでもらい、腸をキレイに洗い流した状態で検査を行います。
前日から前処置が必要なため、検査は予約制となります。当日の下剤服用はご自宅もしくはクリニック内のトイレ付き完全個室をお選びいただけます。 小さなポリープであれば、検査当日に日帰りで内視鏡切除を行うことが可能です。

内視鏡室

内視鏡室

大腸前処置室(完全個室)

大腸前処置室(完全個室)

検査費用(保険適用)

胃カメラ 1割負担 2割負担 3割負担
検査 1,300~1,500円程 2,500~3,500円程 4,000~4,500円程
+ピロリ菌検査 +500円前後 +1,100円前後 +1,600円前後
+病理組織検査 +1,400~2,700円程 +2,700~5,000円程 +4,000~7,500円程
大腸カメラ 1割負担 2割負担 3割負担
検査 1,300~1,500円程 2,500~3,500円程 4,000~4,500円程
+病理組織検査 +1,400~2,700円程 +2,700~5,000円程 +4,000~7,500円程
日帰りポリープ切除 1ヶ所 7,000円程 13,500円程 ​20,000円程
日帰りポリープ切除 2ヶ所 8,000円程 16,000円程 ​24,000円程
日帰りポリープ切除 3ヶ所 9,000円程 18,000円程 ​27,000円程
  • 上記費用には初診料・再診料が含まれています。
  • 保険適用の場合、健康保険法第76条で診療報酬点数が定められており、医療機関毎の検査費用に差はありません。
  • 使用する薬剤や時間外対応の有無などにより、費用が変動する場合があります。
  • 血液検査やお薬の処方などがあった場合、費用は変動します。
  • 病理組織検査とは、ガンなどの病気が疑われる場合やポリープを切除した場合に、細胞の精密検査を行う方法です。

検査費用(検診・自費)

胃カメラ
(検診・自費)
12,000円
胃カメラ
(熊本市胃がん内視鏡検診)
3,000円(50歳以上・偶数年)※70歳以上無料

患者様の苦痛軽減のための内視鏡検査機器

内視鏡室

内視鏡室オリンパス社製 GIF-H190N

先端径5.4mmと非常に細い内視鏡スコープを導入しており、鼻からの挿入時に患者様の違和感・異物感を軽減します。
口から挿入することで、従来の経口用スコープと比べて、のどの反射の軽減にもつながります。
また、従来の経鼻用内視鏡スコープは経口用と比べて画質が数段落ちてしまうことが難点でしたが、GIF-H190Nは新型のイメージセンサーが導入されており、高精細なハイビジョン画像で検査を行うことが出来ます。

二酸化炭素送気装置

二酸化炭素送気装置オリンパス社製 UCR

内視鏡検査は空気でお腹を膨らませて検査を行うため、お腹の張り感や不快感が生じてしまいます。
検査後しばらく症状が続くこともあるため、大腸カメラを苦痛に感じる原因の一つでもあります。
当院ではお腹の張りや不快感を軽減するために、UCR(炭酸ガス送気装置)を使用しています。
炭酸ガス(二酸化炭素)は空気と比べて100倍以上の速さで腸管から血液へ吸収され、呼吸によって体の外へ排出されます。検査後は膨らんだ腸管が速やかに元に戻っていくため、苦痛の軽減につながります。

内視鏡スコープガイド

内視鏡スコープガイドオリンパス社製 UPD3

大腸の形状は1人1人が異なり非常に複雑です。
熟練した手技をもってしても、腸の長さやお腹の癒着などが影響して挿入が難しい場合があり、苦痛が生じてしまうことがあります。
当院ではリアルタイムに内視鏡スコープの形状と現在地を検査画面上に表示する観測装置を導入しており、捻じれや押し込みといった検査中の腸管ストレスを軽減することで患者様の負担の少ない検査を行っています。

感染防止のための徹底した内視鏡洗浄

内視鏡消毒装置

内視鏡消毒装置カイゲン社製 クリーントップ

当院では安全でクリーンな内視鏡検査を提供するために自動洗浄機を導入し、日本消化器内視鏡学会の「消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサイエティ実践ガイド」に準じた洗浄・消毒を1検査ごとに厳重に行うことで、患者様への感染制御を徹底しています。